ロードバイク ヘルメット サイズ 測り方

ロードバイク ヘルメット サイズ 測り方

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク ヘルメット サイズ 測り方

 

まず、ロードバイク用ヘルメットを選ぶポイントは、「頭の形状」を知ることから始まります。日本人などのアジア系の人種と、欧米の人の頭部の形は上から見ると、日本人が「円形」であるのに対して、欧米人は「楕円形、卵型」です。

 

国内で販売されているロード用ヘルメットは、基準が欧米型の形状で作られています。日本でも、徐々に欧米型の前頭葉、後頭葉がわに伸びた形状の頭部の人も増えましたが、やはり標準は丸型だとおもいますね。頭部の計測はメジャーを使って行います。

 

測る場所は、ヘルメットをかぶった時の一番縁が耳のところと、親指1本ぐらいの隙間を作って上に乗る感じになります。従って、サイドはその位置で、耳の穴と瞳を結ぶラインと並行に、おでこと後頭部をメジャーで1周して頭部の外周を測ります。

 

イタリアのブランドなどは、ほぼ全てが欧米型ですが、側頭部に合わせて、後頭部のベルトで調整して装着は可能です。
サイドに合わせると、大きすぎるのではないか?との不安もあるようですが、デザインで深くないものを選べば対応できます。

 

試しに被る場合は、位置は眉毛の少し上で、ちょうど頭部外周を計測したときのメジャーの位置にバンドが来るようにします。
あご紐は、どのヘルメットの場合でも人差し指が余裕で入るようでないと、少々危険ですね。

 

サイズ的には、キャノンデール、OGK、SPECIALIZEDなどが日本人の頭部にはマッチするようです。小さすぎるのは、後から修正は無理ですが、多少余裕があってもベルトの調節である程度可能なので、

 

日本ブランド、海外ブランドについてはそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

 


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ