ロードバイク ヘルメット 義務

ロードバイク ヘルメット 義務

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク ヘルメット 義務

 

ロードバイク乗りを「ロードレーサー」と呼ぶ人がいますが、あまり良い呼び名ではありませんね。というのも、そもそも公道を走る軽車両も含めた、日本の車両全ては交通規則に則り運行する義務があるからです。公道は「レース場」ではありません。

 

自転車にとって制限速度は事実上ありませんが、免許と無関係な為か自転車は反則金制度から除外されています。これは、仮に人身傷害を与えた場合は、法律上はバイク、車よりも厳しい立場になるようです。加えて、時速30キロ制限速度の公道を、それ以上で走行することは、自転車であっても規制速度違反となります。では、ロード乗りの安全面はどうでしょうか?

 

 

実際のところ、販売されているヘルメットを手に取ればわかりますが、”ごつい”形状とは裏腹に、プラスチック製の薄い外殻に発泡ウレタンか、スチロールが緩衝材になっているだけです。しかも、耳や顎、頭部の約3分の2は露出しています。

 

オートバイにもジェット型ヘルメットといわれる形状がありますが、ロード用は更に露出部が多く、実はこれでは安全性では非常に低い設計と言わなければなりません。

 

無論、この構造上のことではなく、業界全体での取り組みも関わるでしょうから、法律上では、自主的な装着を勧めているだけが現状になっています。

 

しかしそれでも、転倒した場合には、比重の重い頭部から重大な怪我をする可能性がありますから、ヘルメットをしないというのは、ヘルメットの必要性いかんにかかわらず、非常に危険極まりないという事が言えるでしょう。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ