ロードバイク メーカー 特徴

ロードバイク メーカー 特徴

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク メーカー 特徴

 

まずロードバイクの選び方は、メーカーではフレームを基準に選ぶことが重要です。バイクのポテンシャルは、ほとんどがフレームによるものです。

 

ロードであれば、チェーン、チェーンリング、ボトムブラケット以外はフレームとの互換がありますから、買い替えの効かないフレーム選びは慎重にしたいもの。

 

トレック(TREK)のロードバイクで言えば、10〜20万円台がカーボンフレームになっています。自由整形が可能なカーボンは、振動吸収性に優れており、軽量で剛性もあります。

 

TREK MADONE 3.1などの最新フレームは、18万でハイスペックフルカーボンです。TREKはバイクだけではなく、最近はアクセサリー、パーツ類の充実を図ってきています。

 

初心者クラスでは10万円くらいからで、コンポーネンツを交換してグレードをあげたいのなら、少なくとも20万以上のロードは欲しいところですね。

 

8万以下は、ホイールくらいしか、遊べるところは少ないと思います。
10万以内なら、フレームの性能の点ではキャノンデール。
安価で本格的なライディングを楽しめるのが良いです。

 

全体的なデザイン、フレームの仕上がりが良いのは、スペインのオルベア。
AQUA SORA完成車で88,200円。

 

GIANTは台湾製ですが、人気はもはや不動の位置にいますね。
軽量アルミフレームの上位エントリーモデルDEFY2などは、ロングライドにも耐えうる性能でしょう。

 

DE ROSAに次ぐ老舗としてはSCOTTも、日本ではあまり見かけなくなりましたが、フレームバランスの点ではライディング重視のロード乗りでは注目のブランドでしょう。スコットロード超軽量モデル ADDICT SL 2014 SCR06最新モデルなんて、憧れですよね。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ