ロードバイク メーカー ランキング

ロードバイクメーカーランキング

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク メーカー ランキング

 

ロードバイクで昔から売れ筋というのはやはり有り、その多くはショップでの展示販売がかなり影響しています。GIANTなどがその1例で、ショップでもかなりの個体が並んでいるのを見かけます。
次がルイガノで、LOUIS GARNEAUというロゴをフレームチューブにプリントしたロードバイクをよく見ます。

 

10万円台で人気のメーカーは以下のとおり。

 

1位 ルイガノ
2位 ビアンキ
3位 ラレー
4位 FELT
5位 JAMIS

 

依然としてBASSOなども人気ですが、ルイガノは不動の位置をキープ。やはり通販でもショップでも、最もロードバイクで勧められているメーカーのようです。この頃のロードバイクのトレンドは、ツール・ド・フランスのような競技車両で見かけるようになった、フレームのチューブの断面が楕円になった構造で組まれた空気抵抗を考慮したモデルが人気が高いですね。

 

アルミ製フレームはもちろんのことですが、意外に知られていないのは、アルミは強度を出すために市販車では厚みがあるので、ある程度の高価なクロモリフレームよりも重い場合があります。

 

売れているモデルの中で、エントリーから少しだけ進んだユーザー向けには12万円から15万円台がお手頃の様です。
以下は別の視点、

 

ロード乗りにちょっとうけているメーカーです。

 

1位 GIANT
2位 キャノデール
3位 ORBEA
4位 SPECIALIZED
5位 ビアンキ
6位 トレック

 

 

ジャイアント、トレック、キャノデール、ビアンキなどはロードバイク専門店では常連とも言える定番のブランドですね。ただ残念なのは、18万から20万円台クラスでも、ブランド名で区別するほどのパーツに差がないのが惜しいことです。
従って、フルオーダーでもない限り、性能的な差はほとんどありません。

 

しかしながら、フレームに関しては15万円以上のものであれば、互換のあるパーツは多く、カスタムでかなり性能を上げることは可能になります。

 

性能のことを考慮して是非良いものが欲しいというのなら、お財布に自信があれば30万以上のハイクラスモデル(これでもデローザクラスだとエントリーモデル)を考えてもいいでしょう。

 

プロやハイアマチュアクラスで人気が高いのは以下のブランド

 

1位 デローザ
2位 チネリ
3位 パナソニック サイクルテック
4位 FUJI

 

デローザはロード乗りの垂涎の的の高級ロードバイクで、これでツーリングしていると、かなりな迫力がありますね。FUJIのロードバイクも、ロードに乗り慣れた方が結構欲しがるメーカーになります。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ