ロードバイク タイヤ お勧め

ロードバイク タイヤ お勧め

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク タイヤ お勧め

 

現在のロードバイクは、ほとんどがクリンチャーと呼ばれる、タイヤとチューブの構成によるものです。

 

ロードバイク用タイヤといっても、練習用と決戦タイヤがあり、上位グレードを選ぶときは競技の時だけと思われるかもしれません。
確かに、決戦用タイヤは寿命的に街乗りや普段の練習では、耐久性的にあまり向いてはいません。

 

トレッドパターン、コンパウンド、転がり抵抗などを除外して考えると、ポイントはパンクについてですよね。

 

パンクには、通常突起物がタイヤを貫通するものと、段差やコンクリートの縁にタイヤの側面をこすって起こるパンク、空気圧が下がって段差にぶつけたことによるリム打ちパンクなどがあります。

 

一様にロードバイクはパンクに弱いし、空気圧も下がりやすいです。

 

タイヤメーカーで、パナレーサー、ミシュランあたりは割と入手しやすく、コンチネンタルは流石に高価なので、決戦用問している人も多いでしょう。

 

 

普段使いのタイヤなら、やはりパナレーサーが選びやすいですね。

 

クリンチャータイヤは、接地面の部分がトレッドパターンが刻んであり、決戦用タイヤなどは転がり抵抗が低い中心部分に溝がないタイプが多いです。

 

タイヤは2層構造で、表面をケーシングと呼びます。

 

ホイールのリムに引っ掛けるタイヤの内周部分の突起はビードと呼ばれます。

 

耐パンク性から見ると、トレッドが肉厚か、ケーシングの間に耐パンクベルトを仕込んでいるタイプがあります。

 

肉厚トレッドに耐パンクベルトを加えたモデルも、割高ですが販売されていますね。

 

パナレーサーレースD、ブルベエディションなどが、こうしたハイブリッドになります。

 

通勤通学などの普段使いであれば、トレッドが肉厚でコストパフォーマンスに優れたパナレーサーエリートプラス、クローザープラスが大体3,000円前後で購入できます。

 

週末ライドなどにもいいですし、値段からも数本揃えておくのもいいでしょう。

 

パナレーサーでは、耐パンクベルトにも2種類あって、PTベルトとレギュラーベルトがあります。
ハイエンドモデルではPTが使われます。

 

中距離程度であれば、もう少し耐久性を上げたいのでツアラープラスのレギュラーベルトを内包したタイプがお勧めです。
グリップに関してはそこそこですが、タイヤサイドのパンクにも対応していますので良いですね。

 

さらに超長距離(300km等)などの場合は、ツアラープラス ブルベエディションあたりが、衝撃吸収性からしても、やはり練習でも必要にはなるでしょう。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ