ロードバイク トレーニング sfr

ロードバイク トレーニング sfr

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク トレーニング sfr

 

ママチャリくらいしか乗ったことがない人にとって、
ロードバイクの長距離ってどれくらいか想像できませんよね。

 

例えば、歩くスピードは約4キロとして、
一時間歩くとすると40キロ。

 

しかし本当は、時速4キロはかなりな
スピードだと思いますので、通勤で普通の人なら
早足でも時速3キロもいけば良いほうじゃないでしょうか?

 

 

通勤で駅から自宅まで1時間かけて歩く人は
少ないと思いますので、20分だとすると
時速3キロの3分の1、つまりは1キロという距離になります。

 

ママチャリだと10分はかかりませんよね。

 

 

自転車であれば、1時間6キロですから、
ロードバイクでは片道30キロぐらいが初心者向きの
走行距離と言えるでしょう。

 

 

大体1マイル約160キロを往復できれば、
ロード乗りとして考えて良いのではないでしょうか。

 

トレーニングには、まず筋力のサポートが必要、
つまりアシストですね。

 

歩くのとは違い、膝への負担と足首の負担は、
ペダルとクランクの回転運動なので、
結構膝は慣れないと痛めます。

 

 

筋肉では、大腿の内側は結構な筋肉痛になります。
専用のパンツを使用しないで、長距離はかなり辛いので、
こは道具から入るべきと言えるでしょう。

 

 

これは個人的な話になりますが、
ロードバイクがある種ブームになって、

 

河川敷でもかなりの台数を見かけたとき、
競ってとにかくスピードを出す人が多いのですが、

 

結論から言って、走行距離は瞬発力では絶対に伸びません。
競輪選手とそこが全く違うのですね。

 

 

例えば、ロードの漕ぎ方には”90回転”というやり方があります。

 

平地巡航時のクランクの回転数の理想ですが、
ギヤ比にもよりますが、慣性の法則によって、

 

ある程度の回転数になればペダルの重さを感じなくなるため、
高回転が効率が良いという考えかたですね。

 

しかしこの考えは、レースでチームを組んで勝つための
指標であり、一般的に個人や趣味で実践すべきことではありません。

 

重いギヤでは、踏み遅れてチームについていけなくなるし、
軽いとタイミングが合わず乗り遅れるというだけのことで、
正直一般道で試すことではないですね。

 

 

トレーニングの基本は、確実にクランクの
回転を効率よく動かすための筋力の使い方です。
これは初めから高回転では身につきません。

 

 

むしろ、低いギヤでシャカシャカ回しすぎたり、
重いギヤで後輪に意識が集中している場合は、

 

短い距離では良いのですが
長距離ライドには少し向いていませんね。

 

このあたりは、整地された綺麗な自転車用道路が
整備されているところが少ない日本では、

 

必然的に自動車道を通ることがしばし起こります。

 

 

そうなると、ギヤはほとんどが中間のものを
使用しますので、ストップANDゴーも多く、
そうした意味では、一度に1マイルの練習を積むよりも、
50キロを目安に繰り返し距離を少しづつ
伸ばしたほうが効率的かもしれません。

 

 

自宅にローラー台が置けるなら、チェーンリングの張り具合と、
クランク根元のボトムブラケットのブレ幅を確認すると良いでしょう。

 

とにかく、チェーンをバタつかせず、パワーを伝える
クランクが重心から左右にぶれない練習をすることが大切です。

 

そのためには、スピードは多少遅くても一向にかまいません。
近所に、長い傾斜のある坂道などがあれば、
非常に良いトレーニングになりますね。

 

毎日乗れない週末ライダーなら、半年スパンで
計画を立てるのも良いです。
160キロ約8時間走破が目標という感じですね。

 

全国で開催されるライドイベントには、
一応参加できるだけの体力が身につきます。

 


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ