ロードバイク メンテナンス 方法

ロードバイク メンテナンス 方法

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク メンテナンス 方法

 

ロードバイクメンテナンスの基本は、ズバリ「洗浄」です。

 

といっても、自動車と同じように水をバシャバシャかけて行うのではありません。

 

まずフレームの洗浄ですが、これにはホイールが邪魔になるので、前後とも外します。

 

車輪を外したら、ホイールは乾いたウェスでリム全周をくまなく拭き取ります。

 

洗浄液などを使うと、タイヤは早く劣化しますから、乾拭きで構わないと思います。

 

汚れが取れないなら、熱湯をかけた簡易蒸しタオルを作って、軽く拭き上がればOKです。

 

ホイールを外したフレームは、上下を逆さましてパワートレーン付近の飛び散った泥や、路面からのピッチ、チェーンやスプロケから飛び散ったオイルなどを拭き取ります。

 

これには、専用の洗浄液も売っていますが、もっと手軽なのが髪を洗うシャンプーを使うことです。

 

自動車の洗車の裏技として知られていますが、フレーム塗装面を傷めないのでちょうどいいです。

 

使い方は、バケツにシャンプーを自分の髪を洗う分量くらい出しておき、水を勢いよく入れながら手で撹拌するとよく泡立つので、洗いざらしのタオルなどで洗浄液をつけて、軽く絞ってフレームを拭いていきます。

 

 

拭き取りは、水道水に浸けたタオルを固く絞って拭きあげれば大丈夫です。

 

自動車用洗車シャンプーよりは、よっぽど環境とフレームには優しいと思います。

 

ロードバイクの注油は、一般自転車よりは頻繁です。

 

ロードは、スプロケットなどのギヤ比が高く、高速で回転するため、油切れを起こしやすく、

 

ロードバイク用オイルの中にはシリコンなどが含まれ、あまり耐久性のない製品も多いですから、

 

摩擦熱でロングライドのあとは大抵はオイル切れ寸前までいっていることが多いです。

 

ディレイラー付近をよくウェスで拭き取り、チェーンは乾いたタオルでペダルを回しながら拭き取り、

 

注油はチェーンの1コマづつ時間をかけながら行います。

 

最も耐久性のある潤滑油は「アルファオレフィン油」です。

 

サドルとシートポストのボルト増し締めも、時々行うと良いですね。

 

ペダルを踏むたギシギシ音がする場合は、チェーンリングの増し締めが必要かもしれません。

 

クランク固定ナット、ボルトも、走行距離が長い場合は定期的なチェックが必要です。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ