ロードバイク メンテナンス ブレーキ

ロードバイク メンテナンス ブレーキ

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ブレーキのメンテナンス

 

ロードバイク用のブレーキは、キャリパーブレーキと呼ばれるワイヤーが左右どちらかにくるタイプが使われます。

 

これはMTB以外の一般的な自転車にも、構造は同じタイプのものが使われていますが、ロードバイクの場合は、スピードが出るため耐久性などに信頼性の高いものが使われています。

 

調整はブレーキシューとリムとの隙間が約2ミリ、高さはリムとタイヤの境目から1ミリ落とす感じですね。

 

大体5ミリのヘキサゴンレンチ1本で調整できます。

 

リムとブレーキシューの隙間は、ワイヤーのアウター受けにあるいアジャスターボルトで行えるようになっています。

 

ブレーキの片効きを防ぐため、キャリパー上部のセンタリング調整ネジがついているものもあります。

 

ブレーキをかけた時に、”キー”というブレーキ鳴りがする場合はブレーキシューに角度をつけます。

 

タイヤの進行方向に対して、ブレーキシューの後ろがわずかに開いた状態を作ります。

 

 

ブレーキシューもヘキサゴンレンチで緩めたり、締めたりして角度は調整できるように、ボルトとシューの間に大体スペーサーが入っていると思います。

 

この角度を誰でも容易につけられるよう、ブレーキシューチューナーという専用工具もあります。

 

ただし、あくまでもブレーキ鳴りが気になる場合だけに留めた方が、ブレーキシューの寿命を伸ばすので、あまり安易に角度はつけない方が良いかと思います。

 

ブレーキワイヤーが伸びている、あるいは錆びていたり、調整部分の長さが極端に短い時はワイヤーを交換しますが、その際はアウターにワイヤーを入れる前に、ワイヤー全体にシリコンオイルを塗っておくと良いでしょう。

 

ブレーキシューの交換時期は、ゴムの溝というよりも、新品で調整したあと、3ミリ以上の調整が毎回必要になる頃ぐらいが目安かと思います。

 

ブレーキレバーの引きしろが、調整しても効きが甘い場合などはブレーキシュー自体がかなり減ってきている場合があります。
力を入れすぎたブレーキングは、リムを早く痛めますので交換は少し早目でも問題はありません。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ