ロードバイク メンテナンス ギア

ロードバイク メンテナンス ギア

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク メンテナンス ギア

 

ロードバイクに限らず、ギア付きの自転車は、全てワイヤーによってコントロールしていますので、メンテナンスはやはり伸びたワイヤーの調整になります。

 

なかなか最初は難しいので、ホーザンというメーカーから販売されている「インナーワイヤープライヤー」などを使用して調節する方が良いです。

 

リアディレイラーはまずトップギア(一番外側のギア)から調整していきます。

 

ディレイラーの2つのガイドプーリーを車両の真後ろから見て、スプロケのトップギアとチェーン、ガイドプーリーが直線上に並ぶようにリアディレイラーの調節ボルトを締めたり、緩めたりして調整します。

 

 

ワイヤーがかなり伸びていたら、ワイヤープライヤーで引っ張るようにして、微調整は調整ボルト(テンションアジャストボルト)で行います。

 

続いてローギア、つまり車輪側のスプロケのギアに変速し、トップギアと同様の調節をしていきます。
この場合は、ワイヤーを引っ張るなどの調整は行いません。

 

調整ごとに、クランクを逆回しにしてチェーンの引っかかりがないかをチェックしてください。

 

特に、変速機側に転倒などした場合は、ガイドプーリー自体が車輪側に傾いている時があります。
この場合は、ショップで調整してもらうか、程度がひどい時は思い切って交換したほうが良いですね。

 

 

フロントディレイラーは、使用頻度にもよりますがリアディレイラーほど、ワイヤーは伸びないので、調整はディレイラー本体の付け根付近にある調整ボルトで行うほうが良いでしょう。

 

位置については、チェーンリング一番外側のギヤ頂点部分と、ディレイラー外側のガイドプレートの下側の縁との距離が3ミリ以内が標準です。

 

 

ディレイラーを上から覗き込んで、間を通過するチェーンとディレイラーの
ガイドまでの隙間はローギヤ(チェーンリングが大きい方)の方はペダル側に
ガイドまでの隙間が0.5ミリ、トップギア(車輪側の一番小さいギヤ)も同様に
車輪側のガイドとの隙間が0.5ミリになるよう調整します。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ