ロードバイク 初心者 おすすめ

ロードバイク 初心者 おすすめ

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク 初心者 おすすめ

 

ロードバイクの初心者にとって、最大のネックは「価格」と、「選ぶ基準」。

 

種類も多いし、完成車?フレームだけ?など、パーツに精通していなければ、なかなかわからないことも多いものです。

 

 

オススメは完成車で、やはりメジャーな、「GIANT ジャイアント」、「Cannondaleキャノンデール」、「TREK トレック」ではないでしょうか。

 

2014年最新ロードバイクでは、完成車でFELTエアロロードバイク「AR」シリーズ、キャノンデールの2014年モデル

 

「CAAD 10」と「CAAD 8」、TREK の2014年では、エントリーモデルの1シリーズも、フルモデルチェンジをして注目です。

 

初心者が選びやすい価格帯は、パワートレインの各部カスタマイズを後々考慮すると、〜26万円くらいが、頑張って手に入れて欲しいところです。

 

最も新しい情報としては、キャノンデールとトレックの2つのブランドが注目かもしれません。

 

・キャノンデール・アルミシリーズ
グレードでは、「CAAD10 BLACK INC」が最上級構成モデルで、アルミロードとしては超軽量フレーム重量は僅か1,150gを実現。

 

 

このスペックだと50万近くしますが、その下のグレードダウンしたモデルの「CAAD10 5 105]がオススメです。

 

価格は、16万9,000円と比較的お値頃ながら、ブレーキ、ディレイラーはシマノ105シリーズで統一、

 

ホイールはShimano RS-10を使用しています。

 

エントリーモデルながら、ブレーキに「105」を使用しているため、耐久性もあり、

 

ホイールは低価格帯(完組みで3万円台)ながら、シマノの技術が注がれた24mmハイプロファイルアルミニウムリムを使用していますから、初心者でも本格的なロードバイク体験をできるでしょう。

 

 

ちょっと高いなという方には、「CAAD8 6 TIAGRA」が良いかもしれません。

 

価格は12万9,000円と更に価格は抑えられますが、フレームシェイプはCAAD10シリーズと似ていて、

 

メーカーでも初心者モデルとして位置づけています。

 

パワートレイン系、ブレーキ系統はShimano Tiagra 4600シリーズを使用、シンプルなホイール、シマノWH-R501Aを使用しています。
外見上は大きく変わるところはありませんが、ブレーキ系統だけでも105にグレードを上げることもできますし、

 

完成車を購入後、完組みホイールを別に注文して換装など、カスタマイズの楽しみは広がりますね。

 

・TREK1 シリーズ

 

フルモデルチェンジで上位モデルに似た外観に生まれ変わったので、初めての1台にはオススメのシリーズですね。

 

「1.1」、「1.2」、「1.5」の3車種があります。

 

「1.1」は、最初に発売されてから実に3年間ずっと同じ価格で提供されたアルミロードバイクです。

 

しかしアルミチューブ形状はハイエンドモデル同様、エアロチューブとなっているので、レース対応と利用の幅が広がります。

 

価格は公式サイトの表示では8万9,250円。

 

低予算ながら、見た目重視なら「1.1」は選ぶ価値ありです。

 

「1.2」、「1.5」は2013年モデルよりもスペックを上げてきています。

 

「1.2」は2シリーズ同等のハイドロフォーミング製法で作られたフレームを採用、

 

エントリーでは「1.1」と大きく違うグレードへ変化しました。

 

変速レバーは新型SORAの9スピードコンポーネントを使用するなど、

 

下ハンドルを持った状態でのシフトアップも楽にこなせるように進化しています。

 

「1.2」も価格は店頭価格:10万5,000円。

 

性能の点で考えると、価格はそれほど大きく変わらないながら、

 

全体の軽量を維持しながらの、耐久性の必要な部分に剛性を強化した「1.2」がやはりオススメですね。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ