ロードバイク 初心者 乗り方

ロードバイク 初心者 乗り方

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク 初心者 乗り方

 

乗り慣れない初心者にとって、ロードバイクは少々危険な乗り物です。
そのひとつが、誰でもそれなりのスピードが出てしまうからですね。

 

一般的な自転車と比べると、ライディング姿勢はもちろんのこと、
まずブレーキの取り扱いに戸惑うはずです。

 

一般的な自転車は、拳を横にして鉄棒を握るようにブレーキレバーに手をかけますが、
ロードバイクのドロップハンドルや、ブルホーンハンドルなどは、
前傾姿勢にならなければブレーキハンドルに手が届きません。

 

この前傾姿勢になるというのは、本来はレース向き車両だということです。
レースに出場するための車両の構造と、市販されているロードバイクの違いは、パーツのグレードと耐久性とフレームの強度くらいなもの。

 

乗るとよくわかると思いますが、実際はドロップハンドルのアンダーバーに手をかけることは、長距離ではさほど長くないのです。これは、実際にロードバイクを長く乗ればわかりますが、前傾姿勢というのは長時間できるものではありません。

 

一度、公式のレースを見ればわかりますが、殆どはハンドル上部をよく持っているのがわかるはずです。

 

ロードバイク初心者の練習法

 

実は、前傾姿勢が要求されるのはタイムを縮めるため、空気抵抗を小さくしてより高速で走るためだけ。

 

競技でもないのに、ハンドルバーを深く下げて、サドルを上げ無理に前傾姿勢を取る体勢は初心者はもちろん、体を壊すだけなので調整してある程度は体を起こす姿勢にまずは自転車を専門店で調整し、ブレーキに無理なく手が届くようにしておきます。

 

長くロードバイクに乗るコツは、まずはフラフラせずにまっすぐ走ること。
誰でも出来そうですが、ロードバイクのホイールはハンドルに近いため、
通勤用などの一般自転車よりも、わずかな操作で大きく曲がります。

 

直線距離をまっすぐ走る練習のため、まずはスタートから
普段の自転車を乗るスピードよりもゆっくりと走り出し、
慣性がついてきたところで、ギアを変えて走ります。

 

最初にまたがるときは、車両を傾けると乗りやすいのですが、
案外それでは転倒しやすいため、サドル後方の車両右左どちらかに立って、後輪側に足を回して反対側へやったあと、ハンドルとサドルに手を添えながらまたがる方がやりやすいし、危険もないと思います。

 

 

車両を自分の方へ傾けると、慣れていないとバランスを崩して転倒しやすいんですね。なるべく車両は直立して、両手で支えて乗るのがベストです。

 

直線を走ったら今度は、なるべく小さな半径で曲がる練習をしてください。
一般の自転車よりも如何に曲がるのが難しいかわかるはずです。

 

その際に、足をペダルから離すと、必ずといっていいほど転倒するので注意しましょう。速度を落とし、バランスを取りながら上手に曲がれるようになるまで充分練習してください。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ