ロードバイク 初心者 練習 距離

ロードバイク 初心者 練習 距離

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク 初心者 練習 距離

 

まず、あまり乗り慣れない頃でしたら、是非ともサイクルコンピューターを購入することをオススメします。

 

理由は、走行距離の記録が取れるからですね。

 

慣れてからで良いと考える人も多いのですが、むしろ初心者向けの装備品ということができます。

 

最近では、データーをSNSへ送信したり、特定サービスへ送信して

 

パソコンで確認できるシステムを採用しているものもありますね。

 

練習で一番良いのは、10kmでもいいので毎日乗れることですが、ヘルメット、サイクルウェアなどの準備から、

 

なかなかそうもいきませんよね。

 

 

週末であれば、一度に長距離を走行するのではなく、午前15km、

 

午後15kmなど短い距離をセットにした方が無理がないでしょう。

 

距離を伸ばすといっても、最高でも1ヶ月で数km伸ばせるかどうかです。

 

往復で30km程度であれば、半日ほどで往復可能なはずですので、

 

まずはその半分の15kmの距離を難なくこなせるくらいのスピードや走行安定性を確保しましょう。

 

時間もある程度は重要で、15kmなら、最低でも1時間30分〜40分以内を目指します。

 

その時間を楽に切るようになったら、今度は速度はそのままに、1.5倍ほど距離を伸ばします。

 

20kmほどの距離を1時間以内なら、平均的なロードバイクの巡航速度、

 

つまり慣性の力を利用して”流す”走り方を体得した頃です。

 

大体2ヶ月くらいを目安に、今度はルートを変えて坂道の多いコースを選んで距離を短くして練習を重ねます。

 

最終的に、往復で40km位を無理なく走行できるようになれば、

 

そこから時速30km近いスピードを出す練習を安全な「公道」で試すといいかもしれません。

 

この時に、サイクルコンピューターが非常に重要です。

 

体感で、スピードがどれくらいかここで体に覚えさせるわけですね。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ