ロードバイク初心者おすすめ

ロードバイク初心者おすすめ!

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

 

ロードバイク初心者おすすめ

 

自転車ブームもひと段落し、ロードバイクのバイカーも若干少なくなったとはいえ、

 

まだまだ人気もあり、特に価格帯がこなれてきた状況で、

 

車種が選びやすくなった価格帯になってきたのが嬉しい限りです。

 

初心者の場合は、自転車選びでまず考えなければならないのは、ロードバイクの目的ですね。

 

長距離ライドのツーリングで選ぶならそれなりの耐久性が必要ですが、

 

初心者では往復40キロ以内が一番始められる距離ですので、

 

そのくらいなら激安のロードバイクでも何ら問題はありません。

 

通販で人気なのはWCHENやビーズ、パナソニックやルイガノあたりですね。

 

WCHENやビーズはロードバイクとしては無名ブランドに近いものですが、

 

価格帯がリーズナブルで見た目もきちんとしています。

 

通勤でも使えそうですし、週末ツーリングでも遜色ありません。

 

 

ペダルは通常のフラットですので、ロード乗りからしてみれば邪道ですが、

 

それは初心者ですからはじめから完璧なフル装備は、かえって怪我の元。

 

乗り慣れた乗車姿勢の方が、最初はきっと楽しいはずです。

 

2万円台から4万円台であれば、もっと上位車種が欲しければ買い替えも負担にはなりません。

 

ちょっとバイクをいじりたい、少し本格的なロードバイクが欲しいというのなら、

 

ルイガノ、パナソニック、ビアンキなどがおすすめですね。

 

ちなみにロードバイクのブランドですが、大体、本場の工場で作っているわけではなく

 

名前だけ譲り受けて中国で作られているのがほとんどですので、ブランドはあまり気にしないくて良いかと思います。

 

例えばビアンキといえば、イタリアですが、イタリアで作られているわけではありませんし、

 

スプロケットやディレイラーなどんpドライブトレーンは日本のシマノの中国工場で作られたものが装着されています。

 

価格帯は6万円台から10万円台と幅がありますが、大きな違いはディレイラー(変速機)や

 

ブレーキレバーなどのグレード、ホイールの耐久性と精度で決まっているといっていいでしょう。

 

このあたりからは、ショップで股下を測ってもらい、きちんと計測した上で調整できるバイクか、

 

シートポストなどを独自に取り替えたり、ステムの位置調整などをしてもらうのがベストなので、

 

ショップでの購入を強くおすすめします。

 

ジャイアントのアルミ製エントリーモデルTCRやOCR3、キャノデールCAAD9、

 

SPECIALIZEDのALLEZあたりが買い換えるにはいいですね。

 

自転車としての楽しさは、価格帯とは一切関係なく、むしろ往復100キロなど

 

比較的長距離のツーリングなどを希望するようになると、より信頼性の高いパーツを装備したロードが欲しくなるはずです。

 

本来ロードバイクは競技に使われた車両を、グレードダウンしたものですので、耐久性が高くなるのが、

 

そうしたプロ仕様のパーツと同等の物を装備したバイクになります。

 

大体20万クラスより上くらいから、徐々にホイールやディレイラーあたりに違いが出てきますね。

 

このクラス以上は、乗り慣れてないと車体が軽すぎて、意外と乗りにくいので、

 

初心者からこうした超本格的なロードは必要ないと思います。

 

専門ショップも必要ですし、修理もプロの仕事になります。

 

自動車以上に、ロードバイクの調整は難しいので、ショップの腕次第なところがありますね。

 

車種はジオス、トレック、スコット、ジャイアントあたりが現在でも人気の上位です。

 

ビアンキも多いのですが、ちょっと中堅者には物足りない感じです。

 

サべーロやライトスピード、アマンダなどはショップでないと探せませんね。

 

デローザあたりは価格帯の上下が激しく、一部は名前だけ凄みがあるけど内容的には中くらいのもあります。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ