ロードバイク 初心者 値段

ロードバイク 初心者 値段

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

ロードバイク 初心者 値段

 

ロードバイクは初心者だから安くていいと思うのは、ちょっと間違いかもしれません。

 

例えば、有名メーカーでも8万円を切るロードバイクがあったとします。

 

それでも、外観上は高級なハイグレードモデルとさほど見た目は変わらないでしょう。

 

その殆どは完成車両だと思います。

 

しかし、ロードバイクは本来はフレーム、ハンドル、ステムからディレイラーまで、

 

自分で選んで自分の体力と体格、足の長さや用途、レース競技車両なのか、

 

ロングライド用の車両なのかで、はっきりと異なるコンセプトのロードバイクが完成します。

 

 

ですから、極端に安価なロードバイクは見た目はロードバイクですが、

 

スプロケットやディレイラーは一般車両とさほど変わらないパーツが装着されている事があります。

 

グレードをパーツを交換して上げたくても、互換性の関係上不可能な場合もあり、

 

結局は乗り潰すか、手放して新たに車両を買うことになります。

 

現在はキャノンデールなどの有名ブランドでも、8万以上のクラスなら、そこそこのスペックで、

 

パーツも互換のあるタイプが使えるものが販売されています。

 

オススメは20万近いモデルで、そのあたりになると、フレームもかなり軽量化され、

 

加えてパーツのグレードもよくバランスも取れているので、出来ればその価格帯で選ばれることがいいですね。

 

ハンドルや、サドルも交換してもいいですし、フレームから選んでオリジナルで安価に仕上げる際も、

 

大体最低でもそれくらいの予算は必要です。

 

グレードはほとんどフレームの材料と構造で決まってしまいますが、

 

その他にブレーキキャリパーとディレイラーのグレードで価格は決まります。

 

パーツの精度が高いので、ギヤの動作もスムーズで、ブレーキも耐性がかなり丈夫になります。

 

10万以下のロードバイクパーツのグレードは、各ブランドで大差はありません。

 

反対に、30万以上はカーボンも視野に入ってきますので、これは初心者向きではありませんね。

 

更に高いものになると、ホイールまでもがカーボンになり、ますます初心者では扱いづらい車両になります。

 

本来はカーボンは、振動減衰性で乗り心地が良いとされますが、

 

ロードバイクでは逆に剛性をあげてかなりガチガチになりますので、乗りづらくなります。

 

試乗ができれば一番良いのですが、どうしてもロードバイクのお店でたくさん置いてある

 

エントリーモデルなどは、フレームの厚みがあり重いタイプが多いですね。


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ