ロードバイク 初心者10万円以下

ロードバイク初心者10万円以下。

ニオイ対策にしてる?自分では気づきづらい股間の臭いにも!

返金保証は自身の証!!今なら500円でお試しできます。

▼▼公式サイトは以下の画像をクリック!▼▼

 

 

初心者におすすめ10万円以下のロードバイク

 

12万円ほどのロードバイクなら、さぞかし高級だろうと思いきや、実は10万円から20万円台であるロードバイクは、

 

まだまだエントリーモデルと言えます。

 

これは、例えばクロモリと呼ばれる鉄製のフレームであっても、信頼性の高いパーツであれば

 

10万以上はザラにありますし、アルミ軽量フレームでもロードで使うようなものは、中古でも5万円以上します。

 

ハンドルもそれなりにロード用を求めれば、ブレーキレバーを抜いてまるっきりのパイプ状態で購入しても、

 

1万円は下ることがありません。

 

リアディレイラーはシマノの競技者レベルの耐久性と精度のあるものは、

 

リアディレイラー一つで4万円以上するものもあります。

 

従い、詳しい人で言ういわゆる店頭に並んだ10万円台の”吊るし”のロードバイクは、エントリーモデルでしかないのです。

 

では5万円以下とどこが違うのかですが、それは使われているパーツのグレードです。

 

一部、ネームバリューやブランド名も影響していますが、ほとんどはクランクギア、リアディレイラー、

 

スプロケットなどの駆動系のパーツのグレードがかなり異なります。

 

 

10万円以上のロードバイクから、ある程度カスタムで後からパーツを取り替え、

 

自分に合わせたロードを組み立てるベース車両にはうってつけです。

 

ですから、10万円以上のロードバイクを選ぶポイントは、今後そのフレームがどれだけ長持ちして、

 

加えて互換性の高いパーツが組まれているかが選ぶポイントになります。

 

リアディレイラーはほとんどがシマノ製のロード用が必ず使わていますし、

 

ホイールに関してもまだカーボン製や仏式タイヤなどは組まれていないかもしれませんね。

 

ロードバイクでは、空力と軽量を考え、非常に細いタイヤを使用しますが、

 

米式のタイヤではインナーチューブとタイヤの2つで構成され、タイヤを細くするには限界があります。

 

このような2つのパーツを必要とするタイヤ構造をクリンチャー、それ以外がチューブレスのタイヤ自体がチューブの役割をするチューブラーに分かれます。

 

一般的に、市販車クラスは競技車両ではないので、チューブラーは使われることはあまりなく、

 

仏式のクリンチャーが多いと思います。

 

この場合は、インナーチューブの空気注入口が仏式と呼ばれる、通常の自転車にはないものが使われていますね。

 

また、ロードバイクの面白みが一番味わえるのがこの10万円台から6、7万円台のロードバイクで、

 

互換性の多いパーツがかなりたくさんありますので、自分に合わせたカスタマイズで、

 

より乗りやすいロードに仕上げることができます。

 

6万から7万円程度では、ペダルはまだフラットで、重量も”ママチャリ”やクロスバイクと程度は同じですが、

 

プラス3万円以上からグレードはかなり上がります。

 

10速、9速のスプロケット(変速ギア)も、10万円に近づく車種には搭載されているケースがありますね。

 

ショップによっては、ペダル抜きにしてビンディングかフラットを選べるようにしているところもあります。

 

選び方としたら、10万円の予算で考えるなら自転車は6万から7万円、

 

バイクで予算10万円なら、8万以上10万円ぎりぎりまで考えたほうが、後々良い買い物だと悟ることになりますね。

 


【スポンサーリンク】


ホーム RSS購読 サイトマップ